短期間で胸を大きくする方法

手術以外でサプリなしで胸を大きくしたいあなたへ!簡単に短期間で胸を大きくする方法を当ブログでは解説しております!

バストアップ

バストアップサロンでプロのアドバイスを仰ぐのが1番効果がある?

投稿日:2018年10月2日 更新日:


36歳(主婦)

私はもともと痩せ型で体の幅も薄く、筋肉もなく思春期からあまり発育していない小胸のまま成人してしまいました。

職場は男性が多かった為、セクハラ発言やいじられることが多く、よく「貧乳」と呼ばれてからかわれていました。

そのため胸が小さいことがよりコンプレックスになり友人からすすめられた何十万円もする補正下着をローンを組んで購入してしまいました。

それはマルチ商法で私がまた別の友人に補正下着をすすめて売れればそれが私のインセンティブになるというようなもので、まだ20才そこそこだった私はそれが悪質なものだと気づかずに講習会へ参加したり、友人にすすめるようになっていました。

しかし2ヶ月ほど経つと次第に目が冷め、自分が間違っていたことに気づきました。

その後、偶然知り合った弁護士の方に相談すると、そのローンは取り消せるかもしれないと言ってくださり裁判をおこし和解することができました。

払った分は取り戻せなかったけど、残った3年分のローンはなくなりました。

あの時、職場の同僚の心無い言葉を思い出すと今でも悔しい思いですが、そういったことばかり言ってくるような嫌な人も周りにいなくなり前に比べると気にならなくなってきました。

先程書いたように補正下着は辛い思いでもあるのでもう使うことはないと思いますが、ナイトブラはあなどれないと思っています。

寝ている間に胸が流れてしまうのを防いでくれているような気がします。今は2種類ほど通販で買ったものを試しているところですが、いろいろと試してみて効果があったら続けていきたいと思っています。

それと以前テレビでみたのですが、30代でAカップだった女性がDカップに変身したというのをやっていて、その方は独自に考えたエクササイズをしてグラマラスな体を手に入れていました。

お金がかかるサプリメントや化粧品だと続けるのは難しそうだけど、エクササイズならば工夫と努力しだいでできそうだなと思います。

しかし実際にバストアップエクササイズをテレビや雑誌で見てやってみたこともあるのですが、なかなか効果を感じられるものがなく努力が足りないのかもしれませんが自己流では難しいのかもしれません。

そうなると、専門のバストアップサロンなどへいってプロの方のアドバイスを仰ぐのが1番良いように思えます。

テレビに出演されていたAカップからDカップに変身した方はバストアップや美容サロンを運営されているようで、お金があったらやっぱり実際に成し遂げられたその方に師事したいと思います。

マッサージ効果ってバカにできないんです。

33歳(会社員)

胸が比較的大きいので、気に入ったTシャツを見つけてもなかなかサイズが合わず、デザインも残念な感じになる事。もともと体系もぽったりしているので、サイズが合う洋服がなかなか見つけられないことがいつもざんねんでした。今はワンピースなどふんわりした服を好むようになり…というか悩まなくて済み、購入の際もすぐに決めて購入できる。

他にも胸は大きいが、形が悪くもう少し谷間が出来るようにきれいな形だといいのだが、なかなか合うブラジャーを見つけられない。夜寝ている間も外にはみ出しているようで、なかなか気になる。他には、走っているときに胸の揺れが気になり、集中して走ることができない・痛みを感じることもある。もっとしっかり固定して走ることが出来ると、もっと運動の効率が上がるように思う。もっとしっかりした、スポーツ用のブラジャーが欲しいと思う。何かいいものを探したい。

筋トレで、基礎からしっかり整えたい。しかし、時間と気持ちが必要になり、なかなか継続して出来ないので簡単にできる方法をしりたい。しかし、医療的に薬を飲んだり、塗り薬など、信用できるものがないので簡単に出来る者は少々怖い。

やはり、筋トレ等でしっかり基礎からしっかり整える必要があると考える。また、現在はバストアップよりも体系全体の維持を行いたいので、他の部位も全体的に筋トレをして、体系バランスの維持に努めていきたいと思う。バストは大きい方がこのましいが、やはり全体的なバランスも必要だと思うので、大きくなるばかりではなく、形と体系とのバランスが必要だと思う。こまやかなストレッチと筋トレで、体系を整えていくしかないと思う。

今後、猛暑が過ぎ、これから涼しい時期になるので、体を動かし筋トレ、ストレッチをしつつ、バストアップに努めていく必要があると考える。

あとはマッサージですね、特にお風呂あがりにやりますとバストアップ効果が期待できます。私は高校生の頃から定期的に胸のマッサージをしていたから胸が大きくなったのかもしれません。

それとバストケアクリームですね、市販でも例えばドンキホーテなどでも売ってますが、バストケアクリームをお風呂あがりに塗りながら、マッサージをする。

その小さな毎日の積み重ねしかないのかなぁとか思ってしまいます。けっきょく胸を大きくするには栄養と運動量なんです。ダイエットとか筋トレとかと基本となるベースは一緒なのかなぁと思います。

やるかやらないか、だけの違いです。待っているだけでは胸は大きくなりません、絶対に。バストアップに限らずにですが、ああなりたいなぁこうなりたいなぁという願望を持つことは確かにいいのですが、そこからの行動。それが一番大事なんだと私はそう強く想います。

中学生の頃から、友人やクラスメイトたちに胸が小さいことをネタにされていつもバカにされていました。

28歳(会社員)

大人になれば、大きくなると信じていたものの、母親の体型が細身で凹凸がないので、やはり遺伝の影響があり20歳を過ぎても、小さい胸のコンプレックスはそのままです。

学生時代の同窓会で久しぶりに会う友人たちにも、未だに小胸のことをネタにされるので、正直誰にも会いたくありません。
23歳ぐらいの時に初めて彼氏が出来ましたが、付き合い始めてから半年以上がたったときに、彼の浮気が発覚しました’。
その相手が、はっきりと分かるぐらいに巨乳の女性だったのを知って、とてもショックでした。

彼は浮気の原因について、特に理由を言ってくれなかったですが、後から周りの男友達に聞いたところ、セクシーな巨乳の女性の方が正直好みだということを彼が友人たちに話していたのを知り、どうしようもない悲しい気持ちになりました。

今すぐにでもバストアップの効果が感じれるものがあるなら、すぐに試したいと思います。

よくネット広告で出ている、塗るだけでバストアップし、お肌のハリもよくなると言うボディークリームや、寝ている間にバストアップができる、ナイトブラはとても手軽にできるので良いと思います。お金さえあれば、豊胸手術がすぐにできて簡単だと思いますが、一生背負わないといけないリスクがあるような気がして、自分の体にメスを入れることがとても怖くてできません。

そして周りの友人たちや家族にもバレないように、こっそりとバストアップができた方が良いので、補正下着やバストアップ効果のあるストレッチは筋肉トレーニングの方法、ヨガエクササイズなど、健康にも効き目がある方が、お金もかからず体にも負担をかけ過ぎないので良いと思いました。

今まで人生で悩んできたコンプレックスを少しでも自力で解決したいと思います。短期間で胸が大きくなれるなら、これからいろいろ試していきたいと思っていたところでした。

インターネットでいろんな情報収集としているところでしたが、やっぱりバストアップサロンという選択枝もありなのかなぁとか。

バストアップクリームという存在を知って、これを今から試してみようかなぁとか、でも本当に効果があるのかなぁとか、ただ思っているだけではダメなことは承知なのですが、なかなか前に進むことができない自分にもイラだちを感じたりもしてます。

-バストアップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラシュシュナノプラスの使い方&塗り方~私はこれで胸が1ヶ月で大きくなった!!

40歳(主婦) 今まで付き合った人はみんな口をそろえて「胸なんて関係ないから、俺小さい方が好きだから」とかわざわざゆってくる。その慰め方が一番傷つくわ。 そのくせテレビに巨乳タレントが出てると嬉しそう …

寝ている間に胸が大きくなるというナイトブラって本当に効果あるの?

32歳(主婦) 小学生の頃は発育が早い方で、胸も周りの友達に比べたら大きかったです。 それが高校生になる頃には何故か萎んだようになってしまい、ぽっちゃりだった割には胸だけ小さくとにかくパットを入れて少 …

産後授乳が終わると胸がどんどん垂れていく悩みがこれで解決しました。

33歳(主婦) 私は体重の変動が良くあります。 痩せていてスタイルのよいときは胸も小さくなります。 そうすると男性はスタイルはいいのに胸がないからなと言われました。 一緒に彼氏とデートすると胸の大きな …

食事と運動で胸を大きくしていきたいです。

35歳(主婦) 太るとまず胸から肉がついていくタイプで、10代後半から胸は大きかったです。 胸が大きいことは女性として誇らしいことではありますが、男性と話をする時に男性の視線がすぐに私の胸ばかりを見て …

アラフォーだけど綺麗な胸の形を維持したい健康的にバストアップしたい

45歳(自営業) 私の胸の悩みは、胸が大きいことと胸が横に広がり、さらに垂れていることです。一番悲しかった思い出は、自分の姿や鏡で見た時です。 自分の気に入ったTシャツを着て鏡を見てみると、自分の姿が …